白澤社ブログ

人文社会系の書籍を刊行する小さな出版社です。

子安宣邦著『天皇論』作品社

 小社でも『〈新版〉鬼神論』、『日本ナショナリズムの解読』、『歎異抄の近代』などでお世話になっている思想史家の子安宣邦先生からご新著『天皇論――「象徴」と絶対的保守主義』(作品社)をご恵贈いただきました。

本居宣長津田左右吉を手掛かりに、近世から登場した天皇制の言説を丁寧に追いながら、現代天皇制の本質に迫る。日本思想史の大家、ライフワーク。

(版元・作品社さんの紹介サイトより→作品社|天皇論 (sakuhinsha.com)

 本書は子安先生が2003年に大阪大学教授の職を定年で離れてから、大阪と東京で、およそ20年にわたって続けてこられた市民講座の最終年度の講義の記録でもあります。

 子安先生の市民講座には小社担当も時々お邪魔しておりました。年齢も性別も職業もいろいろな市民たちが集まり、子安先生の講義を聴講した後は会場近くの居酒屋でわいわいと談論風発、そんな楽しい集まりでした(小社はもっぱら後半戦担当でしたが)。

 ちなみに、小社からも間もなく子安先生の新刊『可能性としての東アジア』が刊行されます。韓国や台湾での子安先生の講演記録を集成した一冊です。作品社さんの『天皇論』と合わせてご一読ください。

【白澤社刊行の子安宣邦先生の本】

三木清遺稿「親鸞」 | 白澤社 (hakutakusha.co.jp)

歎異抄の近代 | 白澤社 (hakutakusha.co.jp)

日本ナショナリズムの解読 | 白澤社 (hakutakusha.co.jp)

〈新版〉鬼神論 | 白澤社 (hakutakusha.co.jp)

近日刊行 可能性としての東アジア | 白澤社 (hakutakusha.co.jp)

面白かった!『べつのほしにいくまえに』

 昨夕は趣向の演劇公演『べつのほしにいくまえに』(作・オノマリコ(趣向) 演出・扇田拓也(空 観) 監修・深海菊絵)を観劇してました。

 監修の深海菊絵さんから小社刊E・ブレイク『最小の結婚』からインスパイアされた作品とのご案内をいただいて、急きょ社員総出(といっても総勢2名)で神奈川県立青少年センターに出かけたのです。

 最近、生のお芝居から遠ざかっていたものですから久しぶりの芝居見物でしたが、行ってよかった、面白かった!

 公演は26日までだそうです。昨日は満席でした。

趣向「べつのほしにいくまえに」 - 神奈川県ホームページ (pref.kanagawa.jp)

 お芝居の物語(あらすじ)は次の通りです。

 少し未来のとある国の話。徐々に下がる婚姻率に危機感を覚えた政府は「互助・共助のための結婚法」を立案、施行しようとする。それは、性別や人数、恋愛関係の有無に関わらず、ケア関係にある人間たちが「結婚」できることになる法律だった。これによって恋愛関係にある男女はもちろん、同性カップルの結婚も可能になり、友情関係から結婚を選ぶ人々も増加。婚姻率は15年ぶりに上昇する。家制度や恋愛から解き放たれた「結婚」はより多くの人生を生きる方へ導くのか。

シェイクスピア『夏の夜の夢』と同じ名を持つ登場人物たちで語られる「結婚」についての物語。

【公演情報】趣向『べつのほしにいくまえに』 – 趣向-shukouより。

 劇中に登場する「互助・共助のための結婚法」はあくまで作中のもので、ブレイクの提唱する「最小結婚」そのものではありません。しかし、ブレイクが「最小結婚」を提起するに至った結婚をめぐる諸問題は劇中で活写されていましたし、何よりもちゃんと面白いドラマになっていた。つまり、小社が言いたいのはこのお芝居は面白いということです。

 難しい話は置いておいても、近未来SFとして楽しめるお芝居でした。結婚について悩んだことのある人ならピンとくるだろうセリフが次々に飛び交い、結婚をめぐる悲喜交々のドラマがテンポよく展開されます。そして、そこには面白い仕掛けが。

 作品の世界は現代よりも少しだけ未来の日本という設定で、登場人物たちも現代の私たちとほぼ同じ等身大の市民なのですが、その名前はシェイクスピアの戯曲からとられています。ほとんどはボトム(専業主夫)、ヘレナ(アルバイト店員)、テセウス衆院議員)のように『真夏の夜の夢』からですが、子育て中の同性パートナー、コーデリア(『リア王』)とオフィーリア(『ハムレット』)、その居候のギルデンスターン(『ハムレット』)、そして祖母ロミオとのケア婚を望むジュリエットといった面々も活躍。ただでさえ複雑かつ揺れ動きがちな人間関係をひっかきまわして上へ下への大騒動を仕切ってみせるのはもちろん『真夏の夜の夢』の妖精ロビン・グッドフェロー(パック)。これで面白くないはずがない。

 そして実際に役者さんたちの熱演によって、この手の込んだお芝居は生き生きと上演されたのでした。もう一度言いますが、面白かった。桜木町から紅葉坂を登って行った甲斐がありました。

憲法記念日にちなんで

 5月3日は憲法記念日。小社では高橋哲哉・岡野八代共著『憲法のポリティカ—哲学者と政治学者の対話』を刊行しております。

憲法のポリティカ | 白澤社 (hakutakusha.co.jp)

 憲法の本と言えば法学者に書いていただくのが常道ですが、本書はあえて哲学者と政治学者の対談というかたちにこだわりました。もう10年近く前の刊行ですが、両氏が本書で示した懸念は依然として元のままどころか、闇は深まったといえそうな昨今、いま一度読み返す価値のある本だと自負しております。

 もちろん、10年前にはまだリアリティの薄かった問題もあります。インターネットとAI(人工知能)の発達が憲法と民主主義を侵食するとは、ある程度の予想はしていたけれども、こんなにも早く、これほどにも身近なところまで迫ってくるとは思っていませんでした。今春、この問題を指摘し、警鐘を鳴らした大塚英志著『マイナンバーから改憲へ』を刊行できたことは小社にとって幸いでした。

マイナンバーから改憲へ | 白澤社 (hakutakusha.co.jp)

 高橋哲哉・岡野八代共著『憲法のポリティカ』と大塚英志著『マイナンバーから改憲へ』、この機会にぜひご一読ください、

 

カントのお誕生日

 4月22日は哲学者イマヌエル・カント(1724-1804)のお誕生日です。小社の新刊『カントの「噓論文」を読む』(小谷英生著)『カントの「噓論文」を読む』カントの「噓論文」を読む | 白澤社 (hakutakusha.co.jp)はこの日を記念して奥付の発行日をそろえてあります。カント先生、おめでとうございます。

 小社刊行物で最初にカントが登場したのは、2000年に刊行した小社の最初の出版物、大越愛子ほか著『フェミニズム的転回』(フェミニズム的転回 | 白澤社 (hakutakusha.co.jp))の第2章「倫理学ジェンダーの視点」(志水紀代子)と第3章「美的判断力の可能性」(持田季未子)でした。志水先生も持田先生も故人となってしまわれました。月日の経つのは早いものです。

 続いて2004年刊行の高橋哲哉著『反哲学入門』反・哲学入門 | 白澤社 (hakutakusha.co.jp)の第14講「戦争をしない国家は可能か」ではカント『永遠平和のために』を読み解いています。高橋さんはその後、2015年刊行の岡野八代さんとの共著『憲法のポリティカ』憲法のポリティカ | 白澤社 (hakutakusha.co.jp)でも『永遠平和のために』に触れています。

 2018年には小社初のカント本、網谷壮介著『カントの政治哲学入門』カントの政治哲学入門 | 白澤社 (hakutakusha.co.jp)を刊行しました。同書はカント政治哲学についての研究の現代におけるスタンダードを提供できたのではないかと自負しております。

 2019年刊行の訳書、エリザベス・ブレイク著・久保田裕之監訳『最小の結婚』最小の結婚 | 白澤社 (hakutakusha.co.jp)は、哲学的にはカント倫理学との対決と発展的継承が本書の核心と言ってもよいくらい、カントが重視されていました。

 昨年(2023)刊行した林少陽著『戦後思想と日本ポストモダン戦後思想と日本ポストモダン | 白澤社 (hakutakusha.co.jp)では、第四章「戦後日本知識人の平和主義理念と「現代思想」──カント解読と「東アジア」をめぐって」でカントが日本の現代思想に与えた影響をたどっています。

 そして、カント生誕300年にあたる今年(2024)、満を持して刊行したのが小谷英生著『カントの「噓論文」を読む』です。本書にはなんとカント先生のご自身の、問題含みの論文「人間愛から噓をつく権利という、誤った考えについて」(通称「嘘論文」)が小谷英生さんの平易な訳文によって収録されています。

 生誕300年、今なお現代思想に影響を与え続けているカント、岩波文庫でも『道徳形而上学の基礎づけ』(かつての『道徳形而上学原論』)、『人倫の形而上学』第一部・第二部の新訳が刊行されています。この機会に手に取ってみてはいかがでしょう。

 

追悼・志水紀代子先生

 「女性・戦争・人権」学会のニューズレター49号で、志水紀代子先生の訃報を知りました。ご家族のご希望でご連絡は控えてほしいとのことですので、このブログ上で弔意を表明いたします。

 志水紀代子先生は大阪大学で哲学を修めた後、長年、追手門学院大学で教鞭をとられ、哲学・倫理学の研究者として特にH・アーレントの研究に打ち込んでこられました。また哲学者であるとともに優れた教育者でもあられ、学生・後進の研究者をあたたかく導いてこられたことは多くの人の知るところでしょう。

 私ども白澤社にとって、志水先生は母のような方でした。と申しますのも、以前、志水先生のご指名で「女性・戦争・人権」学会の学会誌に寄せさせていただいたエッセイにも書きましたが、小社創立時にこんなことがあったからです。

「二十年ほど前のことですが、今でもはっきり覚えています。高槻駅前の喫茶店で、出版社を立ち上げたいとご相談にうかがった私どもに、志水紀代子先生は「頑張って! 応援しますよ」と背中をおしてくださったのでした。こうして志水先生のほか、大越愛子・持田希未子・井桁碧・藤目ゆきといった「女性・戦争・人権」学会発起人の先生方に寄稿していただいた論集『フェミニズム的転回』(二〇〇一)が、小社にとって記念すべき第一冊目の出版となりました。」(『「女性・戦争・人権」第16号』行路社より)

 あの時の志水先生のあたたかく力強い声は今でも耳に残っています。志水先生の一押しは、まだ経験も浅く、後ろ盾もスポンサーもない私たち二人にとって大きな勇気となりました。

 志水先生とはその後も折に触れてご相談させていただき、また志水先生が東京にお出でになるときは、先生が定宿とされた三田のホテルにうかがったものです。志水先生をご存じの方はすぐに思い出されるでしょう、あの重いキャリーカートを引いて「お元気でしたか」と満面の笑顔で出迎えてくださいました。山下英愛さんとの共編『シンポジウム記録 「慰安婦」問題の解決に向けて──開かれた議論のために』(二〇一二)を出させていただいたのも、こうしたお付き合いがあったからでした。

 志水先生はアーレント研究で知られた方ですが、その学問の出発点はカント哲学、特に自由論の研究だったとうかがったことがあります。大阪大学在学中は『カントの弁証論』(創文社)で知られた高橋昭二先生のもとで研鑽を積まれたとか。アーレントとの出会いもカント経由だったとお話しされていました。

 時あたかも小社は新刊『カントの「噓論文」を読む』(小谷英生著)を刊行したところです。同書にはアーレントも引かれています。今日、訃報を知るまでは、この本を志水先生のお目にかけるつもりでいました。「白澤社らしい一ひねりした面白い企画ね」と言ってくださったのではないか、とはうぬぼれでしょうか。かなわぬこととは知りながら、もう一度お目にかかりたかった。

 もう言葉もありません。志水先生、お世話になりました。

 謹んでご冥福をお祈りいたします。

白澤社 吉田朋子・坂本信弘

フェミニズム的転回 | 白澤社 (hakutakusha.co.jp)

シンポジウム記録 「慰安婦」問題の解決に向けて | 白澤社

白澤社の花見

 新刊『マイナンバーから改憲へ』は快調、近刊『カントの「嘘論文」を読む』の前評判も上々ということで気のゆるんだ小社は、汗ばむような陽気に誘われて、昼休みに神田川沿いの桜を眺めながら散歩してきました。

 写真は駒塚橋から江戸川橋方向。左手に関口芭蕉案、正面のビルディングは椿山荘です。

 駒塚橋から胸突き坂を上がると永青文庫がありますが、今日は坂を上らず神田川沿いをぶらぶら。

 すると、旧熊本藩下屋敷(藩邸)跡を活用した庭園を見つけました。

 詳しくはこちらのサイトをご覧ください。↓

文京区 肥後細川庭園 (bunkyo.lg.jp)

 殿様気分で園内を散策すると池に映った桜がきれいでした。

 以上、白澤社の今年の花見でした。さ、お仕事に戻ります。

生田武志・山下耕平編著『10代に届けたい5つの“授業”』大月書店

新刊『10代に届けたい5つの“授業”』(生田武志・山下耕平編著、大月書店)を共著者のおひとり野崎泰伸さんからご恵贈いただきました。

版元・大月書店さんのサイト↓

10代に届けたい5つの“授業” - 株式会社 大月書店 憲法と同い年 (otsukishoten.co.jp)

 タイトルには「10代に届けたい」「“授業”」とあって、各章も、

第1限 ジェンダーって、結局何なの? ……松岡千紘/吉野靫

第2限 わたしたちのまわりで広がる貧困――非正規雇用生活保護、野宿……生田武志

第3限 不登校から学校の意味を考える……山下耕平/貴戸理恵

第4限 「自分ごと」として相模原事件を考える……野崎泰伸

第5限 わたしたちは動物たちとどう生きるか……生田武志/なかのまきこ

とあるように、いかにも学校教育での活用を念頭に置いたように見える編集ですが、そしてどの章もわかりやすく説明されていて実際に高等学校の生徒さんに読んでもらえたらいいなと思う内容ですが、しかし、どのテーマも現代社会の基礎知識として市民が知っていてよい事柄であって、むしろ、「10代のうちに知っておきたい5つの“教養”」というべきものと感じられました。

 また、各章のおわりに執筆者から読者への質問が示されていて、これがなかなか突っ込んだ質問になっています。各章を読む前にこの質問に目を通して、自分ならどう答えるかをざっと考えてみてから本論を読んでみても面白いかもしれません。

 10代だけだけでなく、10代だったことのある人にはおすすめの一冊です。